MENU

SDM特別講義 2018年度 春学期

第1回
2018年4月7日
(入学合宿)
モデレータ教員:
当麻
慶應義塾福澤研究センター教授
西澤 直子 氏
【演題】福澤諭吉と新しい時代

講師プロフィール

1983年慶應義塾大学文学部卒業。1986年慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程を修了。2010年より福澤研究センター教授。福澤研究センター副所長。
研究テーマは主に福澤諭吉の女性論、家族論。著書に『福澤諭吉とフリーラヴ』(慶應義塾大学出版会、2014年)、『福澤諭吉と女性』(慶應義塾大学出版会、2011年)、共著に『近代日本と経済学 慶應義塾の経済学者たち』(慶應義塾大学出版会、2015年)、『講座明治維新9 明治維新と女性』(有志舎、2015年)、『近代日本と福澤諭吉』(慶應義塾大学出版会、2013年)。

講義概要

福澤諭吉が明治維新の激動のなかで何を考え、どのような新しい時代を築きたいと考えていたのか。そしてそのなかで慶應義塾はどのような役割を果たしたのか。蘭学との出会いやその後の彼を決定づけた貴重な海外体験について、ステレオタイプに語られる中津や朝鮮との関係は実際にはいかなるものであったのか、現代でも読まれる『学問のすゝめ』『文明論之概略』『福翁自伝』といった著作を中心に、女性論や人間交際論などを取り上げながら、考えていきたいと思います。


第2回
2018年4月13日
(公開講座)
モデレータ教員:
吉田
株式会社豊島屋本店 代表取締役社長
吉村 俊之 氏
【演題】「不易流行」に基づく、老舗のビジネスモデル
■会場:日吉キャンパス独立館DB201


講師プロフィール

1959年(昭和34年)生まれ。1985年(昭和60年)京都大学大学院理学研究科物理学教室修士課程修了。同年(株)日立製作所入社。同社中央研究所にて、半導体集積回路極微細加工プロセス及び先端デバイスの基礎研究、並びに開発に従事。スタンフォード大学ビジネススクール上級管理者課程修了。京都大学工学博士。米国戦略系経営コンサルティング会社を経て、2001年(平成13年)(株)豊島屋本店入社。2006年(平成18年)より現職。2014年11月に、システムデザイン・マネジメント研究科 経営・財務戦略論(吉田篤生特別招聘教授担当)にて講義。現在に至る。

講義概要

慶長元年(1596年)神田鎌倉河岸で創業した、東京最古の酒舗豊島屋本店第16代当主吉村俊之社長の講義から、420年以上の歴史を守り続けている老舗の経営と継続の本質を探ってみる。
「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われた江戸の名物“白酒”をはじめとして、酒造りの伝統を守りながら様々な危機を乗り越え、現在に至っている。明治神宮、神田明神の唯一の御神酒である「金婚」の他、多くの賞を受賞している。企業を取り巻く様々なステークホルダーとの関係を大切に、行動規範の「不易流行」に基づき、「守るべきもの」と「変わるべきもの」のバランスを保ちながら継続してきている。佐伯泰英の「鎌倉河岸捕物控シリーズ」は、NHKでもドラマ化されたが、豊島屋が舞台となっている。本講義では、過去-現在-未来の時間軸の中で、企業が存在し続ける意義について語って頂く。


第3回
2018年4月20日

モデレータ教員:
谷口(尚)
外ヶ浜町長
山﨑 結子 氏
【演題】外ヶ浜町のまちづくりについて


講師プロフィール

昭和56年6月21日生まれ(36歳)。B型。世田谷区出身、成城大学卒。青森県知事を務めた曽祖父の代から外ヶ浜町とは縁が深い。昨年2月に会社を辞め出馬表明、4月に町長に就任した。職歴はアニメイトグループ、環境省自然環境局野生生物課(非常勤)、オカムラ食品工業、オカムラトレーディングなど。趣味はマンガ・舞台鑑賞・プロレス観戦・ヨガ・旅行等。

講義概要

経済力も労働力も減少傾向にある今の日本で、消滅可能性都市と言われる多くの自治体はこの急激な下降スピードを想定してきておらず、今、岐路に立たされています。
特に地域内のお金の循環を補助金に頼ってきた自治体は、やっと税収減に見合ったサービスの縮小を検討しなければ自治体が破綻しかねないという現実に向き合いだしました。
本講演では、『改善をして現状維持、何もしなければ衰退』と想定される将来に向け、少子高齢化や過疎の先進地である外ヶ浜町での取組みについて、過去の失敗や現状の課題や今後の展望についてなど、実例も挙げながら紹介し、持続可能なまちづくりについて考えます。

 

第4回
2018年4月27日

モデレータ教員:
高野
キヤノングローバル戦略研究所 上席研究員
杉山 大志 氏
【演題】地球温暖化問題とは何か

講師プロフィール

学歴
1991年東京大学 理学部物理学科卒業
1993年東京大学大学院 工学研究科物理工学修士了
職歴
1993年~2017年財団法人 電力中央研究所
1995年~1997年国際応用システム解析研究所(IIASA)研究員
著作物
「地球温暖化とのつきあいかた」(ウェッジ社・2014/09)
「温暖化対策の自主的取り組み」(エネルギーフォーラム社・2013/03)
「環境史から学ぶ地球温暖化」(エネルギーフォーラム社・2012/05)
「失敗した環境援助」 (エネルギーフォーラム社・2011/08)
「気分のエコでは救えない!データから考える地球温暖化」(日刊工業新聞社・2011/02)
「省エネルギー政策論」(エネルギーフォーラム社・2010/11)
「戦後日本の省エネルギー史」(エネルギーフォーラム社・2010/11)
「新・これが正しい温暖化対策」(エネルギーフォーラム社・2010/09)
「続・これが正しい温暖化対策」(エネルギーフォーラム社・2008/06)
「これが正しい温暖化対策」(エネルギーフォーラム社・2007/09)
他 多数

講義概要

地球温暖化問題の科学的知見、環境影響の予測を踏まえ、温暖化対策の在り方を総合的に論じる。


第5回
2018年5月11日
(公開講座)
モデレータ教員:
神武
株式会社ハーツユナイテッドグループ 代表取締役社長CEO
玉塚 元一 氏
【演題】経営者としての挑戦と学びの共有

講師プロフィール

1985年、慶應義塾大学卒業後、旭硝子株式会社入社。工場勤務、海外駐在を経て、日本IBMに転職。1998年、株式会社ファーストリテイリングに入社、2002年に同社代表取締役社長 兼 COOに就任。2005年9月に企業再生・事業の成長を手掛ける企業、株式会社リヴァンプを創業し、代表取締役に就任。その後2010年11月、株式会社ローソンに入社。
同社取締役代表執行役員COO経て、2014年5月より代表取締役社長、2016年6月に代表取締役会長CEO。2017年6月、デジタル製品のテスト及びQAを行う株式会社ハーツユナイテッドグループ代表取締役社長CEOに就任。現在に至る。
ヤマハ発動機株式会社、ラクスル株式会社、AIGジャパン・ホールディングス株式会社の社外取締役も務める。
ケース・ウェスタン・リザーブ大学大学院 MBA取得
サンダーバード大学大学院 国際経営学修士号を取得

講義概要

テクノロジーによる社会、ビジネスへの影響の拡大、そしてそれに伴う変化のスピードが飛躍的に増す中、組織を成功に導くには強いリーダーシップが必要です。
変化が激しく、予測困難な状況の中、経営者として組織を正しい方向に導くためには、経営者としての“技術力”が問われる時代になったと感じています。私は、神武先生との出会いから、SDMの考え方が経営者の持つべき“技術”として非常に価値があると感じております。過去様々な企業の経営に携わり、リーダーとして挑戦を繰り返してきた、経験と学びを、体験談やエピソードとともに振り返り、ビジネスに重要なエッセンス、SDMの考え方との共通点等をお話させて頂きたいと思います。


第6回
2018年5月18日
(公開講座)
モデレータ教員:
春山
建築家/岡部憲明アーキテクチャーネットワーク 代表
岡部 憲明 氏
【演題】デザインのプロセスをめぐって ―モデル・シミュレーション・コミュニケーション
■会場:日吉キャンパス独立館DB201

講師プロフィール

1947年静岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業。フランス政府給費研修生として渡仏後、レンゾ・ピアノと20年間にわたり協働、ポンピドゥー・センター、IRCAM音響音楽研究所の設計に従事。1995年に岡部憲明アーキテクチャーネットワークを設立。神戸芸術工科大学教授(1996‐2016)。代表作に関西国際空港旅客ターミナルビル、牛深ハイヤ大橋、小田急ロマンスカーVSE、MSE、GSE、箱根登山電車アレグラ号、大山ケーブルカー、在東京ベルギー大使館など。著作に『エッフェル塔のかけら』『空間の旅』『関西国際空港旅客ターミナルビル(監修)』など。

講義概要

新たな形態と空間のデザインを生み出すプロセスの中では多様な試行が繰り返される。デザイン決定の選択を導くパラメーターとして、モデル(多様な模型)、シミュレーション(可視化の方法など)、コミュニケーション(組織のシステム、チームワーク)が重要となる。プロジェクトの経験を通して、ヒューマニティを目標としたデザインのプロセスの意味を探る。


第7回
2018年5月25日

モデレータ教員:
谷口(尚)
OECD東京センター 所長
村上 由美子 氏
【演題】「世界経済のメガトレンドと日本」

講師プロフィール

上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。ビジネススクール入学前は国連開発計画や国連平和維持軍での職務経験も持つ。ハーバード・ビジネススクールの日本アドバイザリーボードメンバーを務めるほか、外務省、内閣府、経済産業省はじめ、政府の委員会で委員を歴任している。著書に「武器としての人口減社会」がある。

講義概要

OECDでは、国際比較可能な統計を集計、分析し、より良い政策の構築に貢献しています。日本が抱える様々な課題を、国際比較という観点から考えることによって解決へのヒントが得られることもあります。たとえば、少子高齢化、低い労働生産性、そしてデジタル経済への移行などの問題を、国際統計を用いながらグローバルな視点で考えてみたいと思います。そして、今後更にイノベーションが求められる社会で活躍する学生の皆さんに参考になるように、イノベーションを創出するための条件についても議論したいと思います。


第8回
2018年6月1日

【演題】(準備中)

第9回
2018年6月8日

【演題】(準備中)

第10回
2018年6月15日

【演題】(準備中)

第11回
2018年6月22日

【演題】(準備中)

第12回
2018年6月29日

【演題】(準備中)

第13回
2018年7月6日

【演題】(準備中)

第14回
2018年7月13日

【演題】(準備中)

第15回
2018年7月20日

【演題】(準備中)