MENU

奨学制度

奨学制度一覧

慶應義塾大学では、研究の意欲を持ち、経済的な理由により修学が困難で、かつ成績・人物ともに優秀な学生を対象に、次のような奨学制度を設けています。

名称給貸別金額期間人数選考基準併給
日本学生支援機構
奨学金
第1種 貸与
(無利子)
修士: 50,000円・88,000円/月
博士: 80,000円・122,000円/月
標準
修業年限
基準に当てはまる者ほぼ全員 成績+家計
第2種 貸与
(有利子)
50,000円・80,000円・
100,000円・130,000円・150,000円/月
標準
修業年限
慶應義塾大学大学院奨学金 給付 600,000円/年 1年間 修士:4名
博士:3名
(年度により変動の可能性あり)
成績+家計
慶應義塾大学修学支援奨学金 給付 学費の範囲内の金額
(支給額平均約300,000円/年)
1年間 塾全体100名程度 成績+家計
指定寄付奨学金 給付 100,000円~/年
(奨学金により異なる)
1年間
(奨学金により異なる)
若干名 成績(+家計)
(指定寄付同士は△)
民間団体・地方公共団体奨学金 給付・貸与 奨学金により異なる 奨学金により異なる 若干名 成績(+家計)
研究のすゝめ奨学金 給付 300,000円・500,000円・700,000円/年 1年間 若干名 成績
小泉信三記念大学院特別奨学金 給付 30,000円/月 1年間 2名 成績

奨学金によっては入学後ただちに出願が始まるものがありますので、「慶應義塾大学大学院奨学金案内」(上述)をご覧の上、必要な書類を事前に準備してください。

上記奨学金のほか、金融機関と提携した「慶應義塾大学教育ローン制度」があります。
詳細はこちらからご確認ください。

日本学生支援機構奨学金

国の奨学制度で、経済的理由により修学に困難がある学生に対し貸与されます。「第一種奨学金」(無利子貸与)、「第二種奨学金」(有利子貸与)に分かれています。

慶應義塾大学大学院奨学金

研究の意欲を持ち、経済的に修学困難で、学業成績・人物ともに優秀で健康である学生を支援します。

慶應義塾大学修学支援奨学金

勉学の意欲を持ちながらも、急激な家計状況の変化、あるいは継続的な困窮のため、経済的に修学が困難な学生を支援します。

指定寄付奨学金

三田会や篤志家より受けた寄付金をもとに設置された奨学金です。

民間団体・地方公共団体奨学金

財団法人・公益法人・民間団体・都道府県や市区町村の自治体などによる奨学金です。

研究のすゝめ奨学金

豊かな知性と社会性を兼ね備え、将来さまざまな研究分野を先導し、研究による国際貢献できる人材育成の基盤を強化するために、優秀な学生の大学院進学ならびに大学院における研究の推進を奨励することを目的とします。選考は研究科で行います。

小泉信三記念大学院特別奨学金

研究者の養成を目的とした奨学金制度です。学業成績・人物ともに優秀で健康、そして将来研究者として活躍するだけの資質があると認められた学生から奨学研究生を選考します。

留学生向け(在留資格:留学)奨学金

留学生対象の奨学金には、
(1)入学前に募集のある奨学金と
(2)入学後に募集のある奨学金があります。

最新の情報や申請方法等はこちらのページをご確認ください。


厚生労働省教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)

システムデザイン・マネジメント研究科修士課程のリサーチインテンシブコース、ラーニングインテンシブコースは厚生労働大臣から、専門教育訓練給付金の対象講座の指定を受けています(2016年度指定)。入学生で支給要件を満たす場合には、ご本人がハローワークに申請することにより、システムデザイン・マネジメント研究科に支払った教育訓練経費の一定の割合額(最大960,000円/2年)の支給を受けることができます。入学前に手続きが必要です。
詳しくはこちらもご参照ください。