MENU

学位授与方針

課程修了にあたって修得しておくべき学習成果

高度で複雑な技術的課題から、相互に複雑に絡み合って問題解決の難しい社会 的課題まで、対応できるソリューション能力を、以下のプロセスにより、実証 的に学習し、習得できるようにしている。すなわち、コア科目を設定し、基本的なシステムデザインマネジメント学の体系を身につけさせるようにしている。また、選択必修科目や選択科目では、学生の幅広いニーズに応えるべく、研究遂行の基盤となる考え方、分析技術、応用力、および人文・社会・自然科学の幅広い領域に渡る知識を実践的に学ばせ、現代社会を俯瞰した基盤学を習得させている。また、修士としての総合力を習得させるため、新規性・独創性を重視した修士研究を実施させ、論文作成能力を習得させている。

修士課程

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科は、研究科の「教育研究上の目的」に定める人材を養成するため、修士の学位を申請し、次に掲げる基準を達成した学生に修士の学位を授与します。

  1. 所定の単位を修得し、SDM・SE学を十分理解していると認められること
  2. 修士論文を提出し、研究像、新規性・独創性、問題設定・仮説、結論の明確さ・検証の質、プレゼンテーションの質という複数の視点による審査において合格すること。

後期博士課程

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科は、研究科の「教育研究上の目的」に定める人材を養成するため、博士の学位を申請し、次に掲げる基準を達成した学生に博士の学位を授与します。

  1. SDM・SE学問分野を十分理解していると認められること
  2. 得られた学術的な知見が、国内外の学術分野において新たな貢献となりうるものであること
  3. 博士論文を提出し、高度な素養と思考力、表現力を基盤として、課題を自ら発見し、実証的かつ独創的な研究を独立して遂行する能力を修得していることを示すこと
  4. 国際社会においても活躍できると認められること