MENU

空飛ぶクルマ研究ラボ

空飛ぶクルマ研究ラボ
Flying Car Research Laboratory

目的・目標:
世界で戦えるベンチャー企業を輩出すべく、空飛ぶクルマの交通・事業・機体システムデザインを行う。また、国内外の産官学との連携も積極的に行い、オープンコンソーシアムへの発展を目指す。

活動内容:
・定例:
2ヶ月に1回の頻度で研究会を開催し、連携先と共に発表・議論を行う。
・研究:
ステークホルダー分析
ビジネスモデル構築
機体システム要求仕様定義
技術成立性検証
法規渉外
都市設計


  • 佐々木 正一(慶應SDM 上席研究員)

  • ほか

ラボ紹介