MENU

狼 嘉彰

SDMとは、学際的なメルティングポットであり、社会・技術システムの諸課題に対する革新的なソリューションを提供する場である。

狼 嘉彰(おおかみ よしあき) 前研究科委員長・教授、東京工業大学名誉教授
元宇宙開発事業団技術研究本部  研究総監
SDM研究所顧問、講師

E-mail
Homepage

研究・教育分野

大規模システムのデザインに対する戦略的システムズエンジニアリングの適用

経歴

科学技術庁航空宇宙技術研究所主任研究官、東京工業大学工学部機械宇宙学科教授、慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授を経て、現在同大学院システムデザインマネジメント研究科委員長を2008年4月から2011年3月まで務めた。この間、米国カリフォルニア大学(UCLA)客員研究員・NASAフェロー、宇宙開発事業団技術研究本部研究総監。人工衛星の姿勢制御、大規模宇宙構造物のダイナミクスと制御の研究、およびスペースシステム全般に関する先端技術の研究開発に携わる。

著書

  • 狼 嘉彰(主査),冨田信之他,機械工学便覧 γ11編,「宇宙機器・システム」日本機械学会,2006.
  • 狼 嘉彰,冨田信之,堀川康,白木邦明, 宇宙ステーションと支援技術, コロナ社,2004.
  • 狼 嘉彰,冨田信之,中須賀真一,松永三郎,宇宙ステーション入門,第2版,東大出版,2008

論文(抜粋)

  • 小島 寧,谷脇滋宗,狼 嘉彰,張力型展開構造を有する衛星のスティックスリップに対する姿勢安定度評価,日本機械学会論文集(C編),Vol.71, No.703, pp.784-791, 2005/03.
  • 谷脇滋宗,工藤雅仁,里 誠,狼 嘉彰,ボールベアリング・リテーナの動的挙動に誘発される衛星姿勢制御用リアクションホイールの擾乱解析,日本機械学会論文集(C編),Vol.71, No.701, pp.21-28, 2005/01.
  • 小島 寧,谷脇滋宗,狼 嘉彰,フレキシブル太陽電池パドルのスティックスリップによる衛星姿勢変動評価,電子情報通信学会論文誌B,Vol.J88-B, No.1, pp.158-166, 2005/01.
  • YASUSHI KOJIMA, SHIGEMUNE TANIWAKI, YOSHIAKI OHKAMI, Attitude Vibration Caused by a Stick-Slip Motion for Flexible Solar Array of Advanced Earth Observation Satellite, Journal of Vibration and Control, Vol.10, No.10, pp.1459-1472, 2004/10.
  • 初鳥陽一,狼 嘉彰,谷脇滋宗,衛星姿勢制御用ホイールの振動的トルキング時発生擾乱測定,日本機械学会論文集(C編),Vol.70, No.695,pp.1944-1950, 2004/07.
  • 近藤陽介,狼 嘉彰,谷脇滋宗:"地球観測衛星の地表点トラッキングに関する研究,"日本航空宇宙学会論文集52巻600号,pp23-29(2004-1).
  • 初鳥陽一,狼 嘉彰,谷脇滋宗:"衛星姿勢制御用ホイールの振動的トルッキング時発生擾乱測定,"日本機械学会論文集(C編)70巻695号,pp1944-1950(2004/07).
  • 小島 寧, 棚町 健彦, 狼 嘉彰, "環境観測技術衛星(ADEOS-II)搭載姿勢軌道制御系(AOCS)の耐故障設計," 宇宙技術(日本航空宇宙学会) ,Vol.3, pp.49-58 (2004/01).
  • 近藤陽介,狼 嘉彰,谷脇滋宗,地球観測衛星の地表点トラッキングに関する研究,日本航空宇宙学会論文集,Vol.52, No.600, 23-29, 2004/01.
  • Shigemune TANIWAKI, Yoshiaki OHKAMI, Experimental and Numerical Analysis of Reaction Wheel Disturbances, JSME International Journal, Series C, Vol.46, No.2, pp.519-526, 2003/06.
  • Shigemune TANIWAKI, Yoshiaki OHKAMI, Spacecraft Attitude Rate Determination from Star Trackers Based on Spatial Velocimeter, Transaction of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.46, No.152, pp.74-80, 2003/08

受賞

  • 1970.8 計測自動制御学会学術論文賞受賞
  • 1980.8 計測自動制御学会学術論文賞受賞
  • 1981.8 科学技術庁長官賞受賞
    日本機械学会論文賞受賞
  • 1997.7 機械学会創立100周年記念事業功労者表彰
  • 1999.4 日本機械学会宇宙工学部門功労賞受賞
  • 2000.4 IEEE/IRCA The Manipulation Paper Award at the 2000 IEEE International Conference on Robotics and Automation
  • 2000.10 国際宇宙航行連盟(IAF)J. Breakwellメモリアル賞受賞

所属学会

  • IEEE
  • INCOSE
  • AIAA
  • 日本機械学会
  • 日本航空宇宙学会
  • 日本ロボット学会
  • 計測自動制御学会

所属ラボ

  • 戦略システムデザイン・ラボ
  • ヒューマンダイナミクス研究ラボ
  • 次世代コンテンツ利用研究ラボ
  • エアロスペース・インテリジェント・システムズ・ラボ
  • モビリティシステムマネジメントセンター