MENU

矢野 創

矢野 創(やの はじめ)特別招聘准教授

研究・教育分野

小惑星や彗星、その破片である流星・宇宙塵など、太陽系小天体に関する探査・実験・分析・観測・理論的研究の融合から、惑星系、地球型惑星、生命前駆物質の起源と進化を実証的に解明すること。特に深宇宙探査ミッションおよび宇宙環境実験による、未踏・未知のフロンティアへの挑戦を重視している。SDMでは「フロンティアプロジェクトマネジメント(日英両語)」講座を2010年度に創設し、現在も担当。

経歴

1995年、英国ケント大学院宇宙科学科でPh.D.を取得後、旧文部省宇宙科学研究所、米国航空宇宙局ジョンソン宇宙センターを経て、JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系助教。総合研究大学院大学・物理科学研究科宇宙科学専攻を併任。米国マサチューセッツ工科大学・ソルジャーナノテクノロジー研究所・訪問科学者、法政大学院・理工学研究科・客員准教授、東京大学院・工学系研究科航空宇宙工学専攻・非常勤講師、海洋研究開発機構・深海地殻内生物圏研究分野・招聘研究員を歴任。LDEF、EuReCa、ハッブル宇宙望遠鏡, SFU, Leonid MAC、のぞみ、スターダスト、はやぶさ、イカロス、たんぽぽ、はやぶさ2、みお、エクレウス、オケアノスなど、十以上の日欧米の宇宙実験、太陽系探査プロジェクトに参画。「はやぶさ2」では運用スーパーバイザー、科学チームメンバー、試料採取機構・小型衝突装置・小型探査ローバー開発、カプセル回収等を担当。PMI認定PMP。

専門分野

  • 太陽系探査科学
  • アストロバイオロジー

所属学会

  • 国際宇宙航行アカデミー[IAA](アカデミシャン)
  • 国際宇宙空間研究委員会[COSPAR](太陽系小天体小委員会委員長)
  • 国際天文学連合[IAU]
  • 日本航空宇宙学会
  • 日本惑星科学会
  • 日本マイクログラビティ応用学会
  • 生命の起原および進化学会

著書

  • 『生命の起源はどこまでわかったか—深海と宇宙から迫る』(2018年、岩波書店、共著)
  • 『宇宙には、だれかいますか? 』(2017年、河出書房新社、共著)
  • 『大隕石衝突の真実』(2013年、ニュートンプレス、共著)
  • 『星のかけらを採りにいく』(2012年、岩波書店、単著)
  • 『小惑星探査機はやぶさの超技術』(2011年, 講談社、共著)
  • 『Earthling』(2011年, ソルメディア、共著)
  • 『太陽系大地図』(2009年、小学館、共著)
  • 『未解決のサイエンス』(2000年、ニュートンプレス、共訳)
  • 『彗星大衝突』(1997年、三田出版、共訳) ほか。

映像作品

  • 『HAYABUSA ZERO』(2013年、東映、DVD出演)
  • 『はやぶさ/HAYABUSA』(2012年、20世紀フォックス、DVDオーディオコメンタリー)
  • 『コズミックフロント:大冒険!はやぶさ 太陽系の起源を見た』(2011年、日本コロムビア、DVD出演)
  • その他、プラネタリウム監修、マルチメディア作品など多数。

論文

  • A. Yamagishi, H. Yano, et al.: Environmental Data and Survival Data of Deinococcus aetherius from the Exposure Facility of the Japan Experimental Module of the International Space Station Obtained by the Tanpopo Mission, Astrobiology, 18, No. 11, DOI: 10.1089/ast.2017.1751, (2018).
  • T. Chujo, H. Yano, et al.: Categorization of Brazil Nut Effect and its reverse under less-convective conditions for microgravity geology, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, 474, DOI: 10.1093/mnras/stx3092, (2017).
  • H. Yano, M. Tanaka, T. Hirai, and C. Okamoto: A Science Instrument Onboard IKAROS: Arrayed Large-Area Dust Detectors in Interplanetary Space (ALADDIN), Aeronautical and Space Sciences Japan, 64, No.2, pp52-57, (2016).
  • T. Chujo, H. Yano, et al.: Mars Impact Probability Analysis for the Hayabusa-2 NEO Sample Return Mission Advances in Space Research, DOI: 10.1016/ j.asr.2015.07.042, (2015).
  • S.R. Schwartz, P. Michel, D.C. Richardson, and H. Yano: Low-speed Impact Simulations into Regolith in Support of Asteroid Sampling Mechanism Design I.: Comparison with 1-G Experiments, Planetary and Space Science,103, DOI:10.1016/j.pss.2014.07.013, (2014).
  • T. Hirai, H. Yano, et al.: Microparticle impact calibration of the Arrayed Large-Area Dust Detectors in INterplanetary space (ALADDIN) onboard the solar power sail demonstrator IKAROS, Planetary and Space Science, 100, DOI:10.1016/j.pss.2014.05.009, (2014)
  • Y. Takano, H. Yano, et al.; Planetary protection on international waters: An onboard protocol for capsule retrieval and biosafety control in sample return mission, Advances in Space Research, 53, pp.1135-1142, (2014).
  • P. Tsou, D. Brownlee, C. P McKay, A. Anbar, H. Yano, et al.: LIFE: Life Investigation For Enceladus A Sample Return Mission Concept in Search for Evidence of Life, Astrobiology, 12,No.8, pp.730-742, (2012).
  • H. Miyamoto, H. Yano, et al.: Regolith migration and sorting on asteroid Itokawa, Science, 316, pp.1011-1014, (2007).
  • H. Yano, et al.: Touchdown of the Hayabusa spacecraft at the Muses Sea on Itokawa, Science, 312, pp.1350-1353, (2006).
  • M.E. Zolensky, T.J. Zega, H. Yano, et al. : Mineralogy and Petrology of Comet 81P/Wild 2 Nucleus Samples. Science, 314, pp.1735-1739, (2006).
  • H. Yano: Primitive body exploration in the solar system and astrobiology, Viva Origino, 30, No. 3, pp.145-156, (2002).
  • H. Yano, H.J. Fitzgerald and W.G. Tanner: Chemical analysis of natural particulate impacts on the Long Duration Exposure Facility, Planet and Space Sci., 42, No.9, pp.793-802, (1994).

他、日英査読論文多数。 詳細は ResearchGateを参照ください。

受賞

個人:
IAU小惑星(8906)Yano命名、NASA Group Achievement Award, NASA Ames Honor Award,
NASA感謝状、Jaya Jayant Award、日本機械学会宇宙工学部門・一般表彰
スペースフロンティア、ICU-DAY賞、など。

団体(主にはやぶさプロジェクトチームとして):
Space Pioneer Award、Jack Swigert Award、Wernher von Braun Award, Laurels Award for Team
Achievement、菊池寛賞、朝日賞、読売テクノフォーラムゴールドメダル賞、星雲賞、チームワーク・オブ・ザ・イヤー2010最優秀賞、日本クリエイション大賞ネバーギブアップ賞、DIMEトレンド大賞特別賞、文部科学大臣表彰、相模原市顕彰、宇宙開発担当大臣感謝状、文部科学大臣感謝状、JAXA業績表彰・理事長賞、など。