MENU

白坂 成功

白坂 成功(しらさか せいこう) 准教授

E-mail
Blog

SDMとは、技術システムだけではなく、
政治、経済、そして人々の生活や幸福などを
含めた社会といったシステムを統合的かつ
統一的に扱うための新しい学問を
創造・教育・実践する「場」である。

専門分野

  • 技術分野:
    システムズエンジニアリング、デザイン思考、システムアシュアランス、機能安全、モデルベース開発、開発方法論、標準化等
  • 適用分野/技術システム:
    宇宙システム、スマートシティ/スマートグリッド、組み込みS/W、ITシステム
  • 適用分野/社会システム:
    地域活性化、コミュニティ、ビジネスモデル、NPOモデル等

宇宙開発から社会システムデザイン方法論、安全・安心デザインまで、世界をリ・デザインするための研究・教育を実施。

経歴

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 修士課程修了
その後、三菱電機株式会社にて宇宙開発に従事。技術試験衛星VII型(ETS-VII)、宇宙ステーション補給機(HTV)等の開発に参加。特にHTVの開発では初期設計から初号機ミッション完了まで携わる。途中1年8ヶ月間、欧州の人工衛星開発メーカに駐在し、欧州宇宙機関(ESA)向けの開発に参加。「こうのとり」(HTV: H-II TransferVehicle)開発では多くの賞を受賞。

2004年度より慶應義塾大学にてシステムエンジニアリングの教鞭をとり、2011年
度より現職。

研究テーマ

  • イノベーティブデザインによる社会システムソリューション設計方法論の研究
    フューチャーセンターなどにおける社会問題を解決するシステムソリューションの設計や企業の実問題を解決するためのシステム設計のイノベーションを実現するために、デザイン思考にもとづくイノベーティブデザイン方法論の研究及び教育を実施している。
  • 社会システムを含むシステムのアーキテクティング方法論の研究
    宇宙機や人工衛星などを含む技術システムのアーキテクティングだけでなく、保険・組織・人の感性・欲求など技術以外のシステムも含めたアーキテクティング方法論・アーキテクチャフレームワークの研究を行っている。(アーキテクティングラボを主催)
  • コンピュータシステム安全設計方法論の研究
    主に有人宇宙機を対象としたコンピュータシステム安全設計に関する方法論の研究をJAXA、MITと協力して行っている。
  • 超小型衛星の開発方法論の研究
    50kg以下級をターゲットとした超小型衛星を低コストで開発するための開発方法論の研究を東京大学と協力して行っている。実際に超小型衛星を開発し、打ち上げる予定となっている。

著書・論文

  • " Architecture Framework for Spacecraft Computer Control Safety System", S.Shirasaka, INCOSE, 2010
  • " Designing a class to teach multi-viewpoints", S.Shirasaka, N.Kohtake, ISSS, 2010
  • " Educational Curriculum for Multi-Disciplinary System Design and Management", N.Kohtake, T.Maeno, H.Nishimura, S.Shirasaka, Y.Ohkami, ISSS, 2010
  • " Fault Tolerant Architecture Reference Model", S.Shirasaka, 4th APCOSE, 2010
  • "A Standard Approach To Find Out Multiple View Points To Describe An Architecture Of Social Systems - Designing Better Payment Architecture To Solve Claim-Payment Failures Of Japan's Insurance Companies -", S.Shirasaka, INCOSE, 2009
  • " H-II Transfer Vehicle's End-To-End Test Concept", S.Shirasaka, K.Kiritani, ISTS, 2006
  • " IV&V activities for H-II Transfer Vehicle's Avionics Safety Design", S.Shirasaka, K.Nakamura, ISTS, 2006
  • " KDI-s : An Environmental Support Software Process Improvement Method", S.Shirasaka, T.Sasaki, N.Tamura, ISESE, 2002
  • " Distributed Simulation Technology for Space Application", S.Shirasaka, D.Funamoto, Y.Miyamoto, Y.Yamamoto, ISTS, 2002
  • " Architecture of H-II Transfer Vehicle's Guidance & Control Computer", S.Shirasaka, H.Koyama, AIAA, 1999
  • " HTVアビオニクス開発", 青木 英剛、白坂 成功、津屋 直紀, 宇宙科学技術連合講演会, 2006

受賞

  • Best Poster Award: "KDI-s : An Environmental Support Software Process Improvement Method", S.Shirasaka, T.Sasaki, N.Tamura, ISESE, 2002

所属学会

  • INCOSE
  • AIAA
  • Proiect Management Institute
  • 計測自動制御学会
  • 安全工学会
  • 日本航空宇宙学会
  • 日本機械学会
  • 日本都市学会
  • 情報処理学会
  • 日本コスト評価学会
  • 日本設計工学会
  • 社会・経済システム学会

所属ラボ(太字は代表者)

  • システムデザインメソドロジーラボ
  • アーキテクティングラボ
  • ヒューマンシステムデザインラボ
  • VSEセンター
  • 戦略システムデザイン・ラボ
  • ソーシャルデザインセンター