MENU
2020.01.24

【開催延期】シンポジウム モビリティとコミュニティの未来を考える   第2回 大規模コンパクトシティ・パリの成立 -歴史都市から近代都市への構造改革

タイトル シンポジウム モビリティとコミュニティの未来を考える
第2回 大規模コンパクトシティ・パリの成立 -歴史都市から近代都市への構造改革
趣旨 モビリティとコミュニティの未来を考えるためには,都市の文化を育むための仕掛けをつくることが重要と考えられます。都市と郊外の関係性,都市の中核の役割,そして文化政策が明らかになってはじめて,そこに未来へのプランが見えてくるでしょう。
シンポジウム“モビリティとコミュニティの未来を考える”では,全4回のご講演を,建築家/岡部憲明アーキテクチャーネットワーク代表である岡部 憲明 氏にお願いしました。昨年12月11日開催しました第1回ご講演「都市文化施設の革新 -ポンピドゥー・センターの軌跡に続きまして,第2回ご講演では,大規模コンパクトシティについてお話いただきます。
皆さんと一緒にモビリティとコミュニティの未来へのプランを考えて行きたいと思います。同時にそこに至るまでに何が必要となるのかを考えることもできると期待しています。是非,皆様のご参加をお待ちしています。
日時
    コロナウィルス感染症の拡がりを防ぐことを考慮し、予定しておりました3月3日のシンポジウムを「延期」することに決定いたしました.
    現時点で,延期日を暫定的に2020年5月27日(水)とさせていただきます.
    詳細が決まりましたら、SDMのWebサイトにてお知らせいたします。
    ⇒ 2020年7月22日(水)に再延期させていただきます。
    ⇒ 2020年7月22日(水)の開催につきましも、延期(日程未定)させていただくことになりました。(2020/6/16更新)
    詳細は、SDMのWebサイトにてお知らせいたします。
    なお,第1回 都市文化施設の革新 -ポンピドゥー・センターの軌跡の開催レポートを「こちら」からご覧ください。
    ※注意:レポート内の掲載写真の無断使用はご遠慮下さい。※
場所 慶應義塾大学 日吉キャンパス 独立館 DB201教室
モデレータ 慶應義塾大学 教授 西村秀和
参加費 無料
定員 180名(定員となり次第締め切りとさせていただきます。)
主催 慶應義塾大学SDM研究所モビリティシステムマネジメントセンター
後援 株式会社駐車場綜合研究所
お問い合わせ先 慶應義塾大学日吉学生部大学院担当