MENU
2019.02.01

SDM科目履修コースのご案内

    • 趣旨
      企業等で働きながら学びたいが期間や時間の制限により慶應SDMに入学するのは難しい社会人を主たる対象として、慶應SDMの基本を学べる4つの「SDM科目履修コース」を用意しました。
      「マネジメントコース」
      「システムズエンジニアリング・アドバンスコース」
      「SDMアナリストコース」
      「イノベーティブデザインコース」
      これらは慶應SDMのエッセンスを学べるコースです。このコースの修了者には修了証を発行します。修士の学位は取得できませんが、コース修了後に修士課程を受験、合格し入学した際には、申請により最大10単位まで システムデザイン・マネジメント研究科の単位として認定されることがあります。
      このSDM科目履修コースは、1科目ごとに申請する科目等履修生と同じ枠組みですが、日本語で開講されるコア科目やプロジェクト科目が履修できる点が異なります。
    • 設置コース
      ■「マネジメントコース」(修了最低年数1年)
      組織運営に係わるノンテクニカルスキル(マネジメントスキル)を中心に学ぶコース
      【修了合計単位数】8単位(最大12単位まで履修可能)
      【受講開始学期】春・秋
      【必須科目】2単位
      プロジェクトマネジメント(2単位)
      【推奨科目】6単位(最大10単位まで履修可能)  
      リスクマネジメント論(2単位)、社会・経営科学方法論(2単位)、ビジネスシステムのシステムズアプローチ(2単位)、サプライチェーンマネジメントとビジネスゲーム(2単位)、マーケティングとイノベーションの方法論(2単位)、ヒューマンファクター論(2単位)、ヒューマンリレーションズ論(2単位)、プログラムマネジメント(2単位)、フロンティアプロジェクトマネジメント(2単位)
      ※ただし、推奨科目以外の履修可能な専門科目も履修可能
      ■「システムズエンジニアリング・アドバンスコース」(修了最低年数1年)
      システムズエンジニアリングおよび、モデルベースアプローチ(MBSE)を学ぶコース
      【修了合計単位数】8単位(最大12単位まで履修可能)
      【受講開始学期】秋
      【必須科目】8単位
      システムアーキテクティングとインテグレーション(2単位)、システムベリフィケーションとバリデーション(2単位)、システムとプロセスのモデリングとマネジメント(2単位)、モデルベースシステムズエンジニアリングの基礎(2単位)
      【推奨科目】最大4単位まで履修可能
      システムのモデリングとシミュレーション(2単位)、ヒューマンインターフェース論(2単位)
      ■「SDMアナリストコース」(修了最低年数1年)
      ビジネスや研究に役立つ分析・調査・実験等の基本的手法と活用法を学ぶコース
      【修了合計単位数】8単位
      【受講開始学期】春・秋
      【必須科目】8単位
      SDM序論(2単位)、システムデザインのための統計とデータ処理(2単位)、社会調査法(2単位)、心と社会を理解するための実証研究法(2単位)
      ■「イノベーティブデザインコース」(修了最低年数2年)
      デザインワークショップを中心に、イノベーティブなデザインの基本を学ぶコース
      【修了合計単位数】12単位
      【受講開始学期】春
      【必須科目】10単位
      デザインプロジェクト(4単位)、SDM序論(2単位)、イノベーションのためのワークショップデザイン論I(1単位)、イノベーションのためのワークショップデザイン論II(1単位)、イノベーティブデザイン方法論(2単位)
      【推奨科目】2単位
      履修可能な専門科目より2単位
      科目等履修生全般向け情報のページ(履修案内・学事日程・時間割・シラバス)をご参照ください。
    • 手続
      SDM科目履修コースの出願手続日程は、慶應義塾特別学生の手続日程と同じです。ただし、第一次手続後に面接があります。慶應義塾特別学生の手続についてはこちらをご確認ください。なお、コースにより受講開始学期が異なりますので、手続の時期にご留意ください。
    • 必要書類 ※特別学生募集要項を確認した上で、以下の書類をご準備ください。特別学生共通の必要書類に加え、SDM科目履修コースでのみ必要な書類があります。
      【第一次手続】
      (1)志願票(Webエントリー完了後に表示される「志願票」画面を印刷してください。)
      (2)履歴書(所定用紙)
      (3)最終出身大学等の成績証明書
      (4)最終出身大学等の卒業証明書
      (5)外国籍の方のみ、在籍期間中有効な在留期間が記載された「住民票の写し」
      (6)SDM科目履修コース特別学生願書(所定用紙)
      (7)SDM科目履修コースで学びたいこと(様式自由300字程度)
      【第二次手続】
      (1)SDM科目履修コース履修・聴講願(所定用紙)
    • 審査方法
      SDM科目履修コースについては書類および面接により受入を決定します。第一次手続後にSDM研究科教員による面接を実施し、受入決定した方のみ第二次手続以降に進みます。面接日程は別途通知します。
    • 費用
      受入を許可された者は、所定の費用を指定された期間に納入すること。
      (1)審査料 18,000円 (第二次手続時)
      (2)登録料(半期)40,000円、(通年)80,000円(第三次手続時)
      ※登録料は在籍期間に応じて発生します。例えば、2年間在籍する場合、登録料は合計160,000円になります。
      (3)聴講料 800,000円~1,200,000円(第三次手続時)(1単位あたり100,000円で、履修登録した単位数分の聴講料となります。)
      上記費用について、年度をまたがる場合は分納となります。
      (例)2019年度秋学期受講開始(修了最低年数1年コースで8単位分履修する場合)
      【納入時期】2019年度秋学期
      2019年度秋学期登録料40,000円、聴講料400,000円(実際は履修した単位数分)
      【納入時期】2020年度春学期
      2020年度春学期登録料40,000円、聴講料400,000円(実際は履修した単位数分)
    • 証明書の発行
      (1)各コースが指定した科目の試験を受けてすべてに合格した場合に修了証を発行する。
      (2)在学証明書・在籍証明書 : 本人の申請により発行する。
    • その他
      (1)上記の定めのない事項については、本研究科生に関する一般の規定を準用する。
      (2)身分証明書を発行する。ただし、学割証・通学証明書は発行しない。
      (3)一度提出した書類および納入金は一切返還しない。
    • 所在地
      慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館
      〒223-8526 横浜市港北区日吉4-1-1
      東急東横線日吉駅より徒歩約1分
    • 出願・お問い合わせ先
      慶應義塾大学日吉学生部 システムデザイン・マネジメント研究科 「SDM科目履修コース」担当
      〒223-8526 横浜市港北区日吉4-1-1
      Tel : 045-564-2518