MENU
2017.11.20

インダストリアル・インターネット・コンソーシアム IIC Business Strategy and Innovation Framework(IoT ビジネス戦略と変革) & MBSE & SysML 利活用協議会 セミナー開催のご案内

タイトル インダストリアル・インターネット・コンソーシアムIIC Business Strategy and Innovation Framework(IoT ビジネス戦略と変革) &MBSE & SysML 利活用協議会セミナー開催のご案内
趣旨  IIoT (Industrial Internet of Things) は、具体的なビジネス開発の段階を 向かえつつあります。実開発に際しましては、システムズエンジニアリングを基盤とす るMBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)のアプローチとSystem of Systems(SoS) の考え方を取り入れることが重要になっています。それらは、IIC(インダストリアル・インター ネット・コンソーシアム)が発行するReference Architectureや Business Strategy and Innovation Frameworkなどの形で明らかになってきています。
 今回のセミナーでは、IICとMBSE & SysML利活用協議会の共催として、IoT を推進する上での戦 略と変革の起点に向けて、システムズエンジニアリングあるいはSoSエンジニアリングが果たす 役割を皆さんとともに考えたいと思います。慶應義塾大学 西村秀和 教授より、IICの発行する Business Strategy and Innovation Frameworkに対して、OMGの発行する UAF(Unified Architecture Framework)をもとにした解釈を紹介いただきます。 また、IICおよびOMGの最新状況を、流通・物流分野、Smart Factory を中心として海外を含め た動向の解説をいたします。
開催日時 2017年12月19日(火) 13時30分~17時00分
開催場所 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 大会議室
日吉キャンパスマップは【こちら】をご覧ください。
プログラム
  • 13:30 ~ 13:40
    ・オープニング&セッションガイド
  • 13:40 ~ 15:10
    • Business Strategy and Innovation Frameworkの解釈と指針
       UAFをもとにしたBusiness Strategy and Innovation Frameworkの 解説とSoSとして考えることの重要性
      慶應義塾大学教授、MBSE & SysML利活用協議会会長
         西村 秀和
  • 15:10 ~ 15:30
    休憩
  • 15:30 ~ 16:40
    • IIC およびOMGの最新動向の解説とTestbed 開発へのガイド
       IoTにおける流通・物流のプロジェクト開発の取り組み解説と Smart Factory Applicationの動向およびIIC White Paperの解説と Testbed紹介
    • Testbed 開発におけるECOシステム運用ガイド
      日本OMG代表理事&IIC Sales Representative , Japan
      吉野 晃生 氏
  • 16:40 ~ 17:00
    クロージング
注:上記内容は、諸般の事情により予告なしに変更される場合があります。
参加申込み
  • 会費
    • 一般 ¥5,000(当日、会場にて申し受けます)
    • 日本OMG賛助会員、i3会員、SysML利活用協議会会員 無料
      10月17日のBusiness Strategy and Innovation Frameworkセミナー参加者は無料
  • 参加資格
    特にありません
  • 申込
    貴社名、所属、役職、ご氏名、会員資格等をご記入の上、info@omg.or.jpヘお申し込みください。
主催 IIC Sales Representative Japan
一般社団法人日本OMG
共催 慶應義塾大学大学院SDM研究科附属SDM研究所システムズエンジニアリングセンター
後援 JCOSE(INCOSE日本支部)
お問い合わせ 一般社団法人日本OMG
Email:info@omg.or.jp