MENU
2017.07.05

慶應SDMヒューマンラボ公開講座 新世代認知行動療法ACT入門 〜行動分析と関係フレーム理論をベースとする精神医学の最前線を学びませんか〜

イベント名 慶應SDMヒューマンラボ公開講座 新世代認知行動療法ACT入門
〜行動分析と関係フレーム理論をベースとする精神医学の最前線を学びませんか〜
概要 新世代の認知行動療法ACT (Acceptance and Commitment Therapy) が注目を浴び始めています。これは、行動分析学と関係フレーム理論をベースとする精神医学手法であり、医療に従事する方でなくても「人 の心がいかにして幸せな状態になるか」に興味のある方でしたら、知っておくと有益な知識です。ACTは、「心・信念・自信」といった仮 説を用いずに(つまり、心、信念、自信などの単語を用いずに)人の精神病理を一つ一つ解説していく点が特徴です。そのため、ACTでは、 「信念」を書き換えたり「不適切な思考」を修正することは一切行いません。日本にはまだ上陸して間もない理論ですが、今後医療従事者 に限らず、職場のメンタルヘルス改善やウェルビーイングなど様々な分野で裾野が広がっていくと考えられます。ぜひふるってご参加くだ さい。
開催日時 2017年9月25日(月)18:20-20:50
場所 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース(夜間は北側の入り口しか空いていませんのでご注意ください)
キャンパス地図は 【こちら】
プログラム 18:20~18:30 趣旨説明 前野隆司(慶應SDM)
18:30~20:00 講義「Acceptance and Commitment Therapy入門」
20:00~20:50 Q&A
講師 志村祥瑚氏
(慶應義塾大学医学部学生、精神医学研究会代表、一般社団法人日本認知科学研究所代表)
定員 100名(予定)
参加費 無料
申し込み 以下の入力フォームからお申し込みください。
【こちら】のフォームからお申し込みください。
主催 SDM研究科附属SDM研究所ヒューマンラボ
備考 3/24-25に2日間のACT集中学習プログラムも開催予定です。
お問い合わせ先 システムデザイン・マネジメント研究科
Phone : 045-564-2518
Email:sdm@info.keio.ac.jp